トップ

ゲーム本体の買取

ゲーム本体を売る場合には

ゲーム本体を売るときの注意

次々と新しいハードが登場する家庭用ゲームの世界。もう型落ちになってしまったゲーム機や使わなくなってしまったゲーム機は、できれば高く買い取ってもらいたいですよね。ここでは業界シェアの大半を占めるSONYと任天堂のゲーム機を売る際の注意点をまとめ、中古買取店に高価買取をしてもらうためのコツやノウハウをご紹介します。

■買取り不可なゲーム機もある?
まず大前提として、ゲーム機本体には買取り不可な機種が存在します。これは各中古買取店によってルールが異なるのですが、古いゲーム機であればあるほど、買取り不可になる可能性が高まります。

中古ゲームの取り扱いもあるレンタルビデオチェーン最大手のTSUTAYAでは、「ファミコン」「スーパーファミコン」「ニンテンドー64」「メガドライブ」「セガサターン」「PCエンジン」などが買取不可に指定されているようです。
逆に買取りOKなモノには「ニンテンドー3DS」「ニンテンドーDS」「Wii」「WiiU」「PSVita」「PSP」「PS4」「PS3」「PS2」が挙がっているようです。全部が全部というワケではありませんが、新しいゲームソフトが次々に登場し、盛り上がりのあるゲーム機が好まれる傾向にあると考えられます。

■買取り不可の理由とは?
買取り不可の理由を簡単に言ってしまうと、「製造年が古いと、故障などのリスクが上がるから」だと言えます。とはいっても、古いゲーム機にも需要がないワケではありません。前述のゲーム機を経験している30代以上の年齢層には、一定レベルの人気があり、購入希望者がいると考えてよいでしょう。なので、もしレトロなゲーム機を売りたい場合は、そういったジャンルに強い専門店を探すようにしましょう。「古いゲームなんでも買取致します!!」とHPにキャッチコピーを掲げる「中古ゲーム宅配専門店・ヤマトク」は、一般の中古買取店に比べ、高く買い取ってくるのでオススメです。送料向こう持ちで査定も無料というのも嬉しいですよね。ゲーム機の高価買取ならこちらの中古買取店がおすすめです。

■比較的新しいゲーム機にも買取不可がある
買取り不可なゲーム機は古いモノだけではありません。比較的新しいゲーム機にも買取り不可は存在します。その代表格がXbox360です。取り扱うにはあまりにリスクが大きすぎるようで、TSUTAYAだけでなく、中古買取店のほとんどが取り扱いを避けているようです。以下にその理由をまとめました。予備知識として覚えておくとよいでしょう。

【Xboxが買取不可な理由その1】故障率の高さ
Xbox360は尋常ではない故障率を誇っています。それは54%にも及ぶと言われているようです。まさに販売された2台に1台が故障品になる可能性があるのです。こんな欠陥ハードだと、取り扱うこと自体がリスク以外の何物でもないですよね。

【Xboxが買取不可な理由その2】売れる見込みのなさ
海外ではかなりの売上があったXbox360ですが、日本国内では散々たる売上のマイナーハードです。また、ゲーム機を扱うとなるとゲームソフトの売り場スペースも確保しなくてはなりません。需要がわずかで、しかも売れる見込みも少ないモノに対して売り場スペースを割くのはまったくの無駄ですよね。買取り拒否をされても仕方がないと言えるでしょう。

まずは大枠として、ゲーム機を販売する上での注意点をご紹介しました。次からはSONYと任天堂のゲーム機を売る際の注意点に個別に触れていきます。